オススメリンク

オール電化へリフォームしたいならまずは業者選びから始めましょう。業者によってはサービスの内容や工事の仕方が変わってるくので自分の求めているものに近い業者を探しましょう。
オール電化をお考えの方は福岡の業社に依頼しましょう:住まいる工房
オール電化にするなら神奈川で有名なこちらに|エコ給湯.com
オール電化の費用って気になりませんか?@オール電化なび

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
オール電化に欠かせない鉄塔

postheadericonオール電化に必要な費用

オール電化とは、住宅にある設備すべてを電気で動く製品にすることです。
IHクッキングヒーター、電気温水器やエコキュート、蓄熱ヒーターやエアコンなどを活用して生活することになります。
太陽光発電システムを導入すれば、電力の一部を自給してしまうこともできます。

メリットも多いオール電化ですが、すでに自宅にある設備を交換してオール電化にするためには、それなりの費用が発生します。
設備の購入費用もそうですが、それに伴う工事費なども必要となります。
一般的に言ってオール電化の導入に必要な費用の見積もりは、50万円から60万円ほどといわれています。
IHクッキングヒーター10~15万円、エコキュート25万円、工事費15~20万円程度が相場のようです。

オール電化に欠かせない発電所

postheadericonオール電化の見積もり

オール電化導入の費用に関しては、今ある設備や電気配線などの状態によっても工事費の部分が変わってきます。
事前にしっかり見積もりを出してもらい、導入に見合うものなのかどうか判断する必要があります。

業者の勧める組み合わせでの見積もりのほかに、機器のグレードを少し落とした見積もりも合わせて出してもらえば、どこを費用を削ることができるのかもはっきりします。
家電量販店での長期の分割払いなども利用すれば、工事費を含めた初期費用をかなり抑えることができます。
金利の分が上乗せされますが、見積もりの結果分割でなら導入できるということも十分に考えられます。

工事自体はそれほど大規模なものとはならないですから、導入コストや月々のランニングコストなどを十分に考慮して、オール電化の安全で安心な生活を楽しんでください。

風力発電

postheadericonオール電化テクニック

オール電化とは、家中のエネルギー全てで電気を使用することです。
それでは、オール電化とは、具体的にどういうものなのか。

一番わかりやすいのは、ガスコンロが電気調理器のIHに変わることや、ガスで湯をわかしていたのが、電気で沸かす「エコキュート」などに変わることです。
それ以外には、ガスファンヒーターではなく、床暖房などに変わることです。
全てが電気に変わるので、ガスの基本使用量がなくなり、無駄が少なくなるというメリットがあります。
そして、先ほど述べたように夜間の電気代が、安い時間帯にエコキュートなどでお湯を沸かすことが出来ます。
そして火を使わないので、火事などのリスクも減ります。
一方で、停電などでは家中全て、使用できなくなる危険性もあったり、昼間の電気代が上がることもあります。

オール電化を導入するには、必ず工事が必要になってくるので、工事費がいります。
工事費は、実際に設置するものによって変わりますが、興味がある人は、工事費の見積もりをしてもらって、そこから検討するのも良いと思います。
エコキュートも家族の人数と使用状況について、貯湯タンクの容量の見積もりもしてもらうと良いです。
このようにオール電化とガスで、メリット・デメリットがあるので、工事費や初期投資の値段も見積もりし、自分の生活スタイルに合うものをしっかり考えて、電気の場合とガスの場合で、だいたいの光熱費を見積もりして検討しても良いかもしれません。